喘息の発作が出た時の応急手当て

reaf 喘息の発作が出た時/応急手当の方法

ハウスダスト(家のほこり)やブタクサの花粉などのアレルゲンを吸入することによりアレルギー反応が起こり、気道の狭窄が起こったものです。 重症な場合(呼吸困難のため臥位になれないとき、意識がないとき、口唇や爪が紫色になったときなど)には生命に危険があります。処置を行うとともに、救急車を呼ぶなど、早く医師の診察を受ける必要があります。

処置法

@空気のきれいな場所へ移します。

Aベルトや衣服を緩め、上半身を起こした楽な姿勢をとらせます。腹式呼吸のみで治ることもあります。

B加湿器などで、患者ののどに湿気を与えるようにします。

Cせきをして痰を出すとき、背中を下の方から上の方へ軽くたたいてやります。

Dアミノフィリンの合剤などを内服するか、気管支拡張薬の吸入をします。

E水分を補給するためにジュース、氷水などをできるだけ多量に飲ませます。

F意識があれば患者を落ち着かせます。

G呼吸困難になっているときは意識状態に注意しながら酸素吸入を行います。

Hきわめて重症で意識がない場合は、昏睡体位をとらせます。

一口メモ「家庭内のダニの数」

小児気管支喘息のアレルゲンのほぼ9割までに、家庭内のダニが関与することが明らかになっています。 家庭内でのダニが多く検出されたのは、部屋に敷かれたカーペット、家具では布製のソファーや食卓イス、おもちゃでは汚れたぬいぐるみなどでした。

喘息発作にお困りの家庭では、これらのダニのひそんでいそうなものの除去や清潔な管理が、喘息の予防に効果をあげるでしょう。

スポンサードリンク