脳貧血を起こした時の応急手当て

reaf 脳貧血を起こした時/応急手当の方法

脳貧血とは、脳へ流れる血液の量が少なくなり、意識が薄くなり倒れることです。はじめは生あくびが出たり吐き気を感じたりしますが、そのうちに何も見えなくなって倒れます。このとき顔は真っ青になっています。

このような状態になってふらふらしている人がいたら、そばの人は倒れないように支えてあげましょう。また、自分がこのような状態になったらしゃがんで頭を低くします。椅子に座っているときも、頭を低くする姿勢をとると効果があります。

処置法

@頭を低く、顔を横にして寝かせます。

Aベルト、帯、ネクタイなど体を締め付けているものをゆるめます。

B風通しの良い、空気の清潔な状態で安静にします。寒いときは毛布を一枚かける程度の保温をしてください。

C名前を呼んだり手足やほおを軽くたたいたりすると回復が早くなります。

D意識が戻ったら、しばらく安静にします。

※脳貧血で危ないのは、倒れたときに頭などを強打することです。鼻や耳から出血したり、意識がなかなか戻らないときには、救急車を呼び救急病院で診察を受けることが必要です。

------------

ほとんどの美容成分は
皮脂にブロックされ
肌に浸透していなかったことをご存知でしたか?
浸透さえすれば
シワもシミもかなり改善します。
この話の続きは…
>> シワを治したい方はこちら
>> シミを治したい方はこちら