犬にかまれた時の応急手当て

reaf 犬にかまれた時の応急手当て

最近、犬による被害が増加し、死亡例までみられ、社会問題になってきています。犬に噛まれたときは、たとえ軽症でも医師の診察を受けてください。犬などの動物の唾液は不潔な雑菌を多く含んでいるからです。

処置法

@もし幼児があちこちをかまれ、出血が大量ならば消毒は後まわしです。幼児は全体の血液量が少ないので少量の出血でもショックを起こしやすくなります。圧迫止血をしたり、止血帯を巻いて出血によるショックを防止し、一刻もはやく医師の手に渡さねばなりません。

A出血がさほどでない場合、犬に噛まれたときの処置は消毒が最も大切です。セッケンを用い水道の流水でよく洗ってください。

B消毒液は傷口に流し込むようにして何度も消毒します。清潔なガーゼで拭き取りながら消毒液で洗い流すようにしてください。

Cガーゼで傷口を押え、医師の診察を受けましょう。破傷風のトキソイドと抗血清の注射もしてもらってください。

D犬に噛まれた傷は汚い唾液や雑菌で汚染されているので、傷がさほど大きくないときは、医師は縫合せず開放にして小さなガーゼをつめ込んでおくことがあります。このため傷跡は切り傷などと比べて一般に汚くなります。

E汚くなった傷あとが美容上問題となる場合は、形成外科医の診察を受けてください。一般に犬の噛み傷に限らず、顔面などの外傷は最初から形成外科医の診察を受けた方がよいでしょう。

------------

ほとんどの美容成分は
皮脂にブロックされ
肌に浸透していなかったことをご存知でしたか?
浸透さえすれば
シワもシミもかなり改善します。
この話の続きは…
>> シワを治したい方はこちら
>> シミを治したい方はこちら