目に異物が入った時の応急手当て

reaf 目に異物が入った時/応急手当の方法

目は顔の器官としては特殊で、きわめて重要で、しかも大変弱く敏感なものです。

必ず手をよく洗ってから処置して下さい。汚れたままの手で処置を行うと、傷をつけて視力障害を起こしたり、細菌などによる炎症を起こしたりします。包帯をする場合は両目にしましょう。

●ゴミが入った時

小さなゴミなら涙で自然に取れます。決して無理にとってはいけません。取れない時には眼科医の診察を受けて下さい。また、どの処置を行った後でも必ず清潔な水で洗眼して下さい。

@清潔な洗面器に清潔な水を満たし、その中でまばたきをします。

A横向きに寝かせ、清潔なきゅうすや、やかんなどに入れた水を目に流して洗うようにします。

それでも取れない時は、上下のまぶたを広げてみて、もしゴミが見えるようであれば清潔なガーゼやハンカチの先を水にぬらしてゴミを取り除きます。

処置をしたにもかかわらず、いつまでも目がゴロゴロするときは目の表面に小さな異物が刺さっている疑いがあります。このような場合は、一般の人の手には負えませんので、すぐに眼科医の診察を受けましょう。

●薬品が入った時

薬品が目に入った時は、すぐに大量の水で目を洗い、ガーゼなどで軽く目を覆い、至急眼科医の診察を受けましょう。

●物が刺さった時

刺さったものを抜いたり、目をこすったり、洗眼したりすることは絶対にいけません。清潔なガーゼなどの布で軽く目を覆い、安静を保つようにしてケガをした目を上にした状態で寝かせたまま眼科医に運んで下さい。

●打撲した時

清潔な布で冷湿布して下さい。目自体に痛み、出血、視力障害などの異常を感じた時には、眼科医の診察を受けて下さい。周辺部にケガをしている時には、一般のケガの応急処置をします。ただし薬品が目に入らないように十分に注意して下さい。

------------

ほとんどの美容成分は
皮脂にブロックされ
肌に浸透していなかったことをご存知でしたか?
浸透さえすれば
シワもシミもかなり改善します。
この話の続きは…
>> シワを治したい方はこちら
>> シミを治したい方はこちら