血便の応急手当て

reaf 血便/応急手当の方法

「先生、お尻から血が出ました。」と言って、患者さんは来院されます。「お尻から血が出る」あるいは排便時に出血することを血便又は下血と言います。しかし一口に血便と言っても、出血の部位や病気の種類によって、便の色や形に大きな違いがあります。つまり、便を見るだけで出血の場所や原因が分かる場合があり、便は腸の健康状態のバロメーターといえます。

例えば、お尻の入り口(肛門)に近い場所からの出血は鮮やかな赤い血(鮮血)が混ざります。反対にお尻の入り口から遠い腸の奥の方からの出血であれば暗赤褐色あるいは黒い便となります。血便と比較的多い病気との関係やその対処法についてまとめましたので参考にして下さい。

一口メモ

大腸癌と結腸癌、直腸癌はどう違うのか?
大腸は上行結腸、横行結腸、下行結腸、直腸に分類されます。つまり大腸癌は、各部位にできた癌の総称です。

------------

ほとんどの美容成分は
皮脂にブロックされ
肌に浸透していなかったことをご存知でしたか?
浸透さえすれば
シワもシミもかなり改善します。
この話の続きは…
>> シワを治したい方はこちら
>> シミを治したい方はこちら