水に溺れた時の応急手当て

reaf 水に溺れた時/応急手当の方法

海や川、プールで溺れている人を発見した時、溺れた人に意識がある場合は必ず後方から近づきます。抱きつかれて自分も溺れてしまうことがあるからです。仰向けにし、頭を腕で抱えるようにして泳ぎ、助け出します。

@呼吸がなかったらまず人工呼吸を行います。もし心臓が止まっていたら直ちに心マッサージを行ってください。

肺から水を出そうとすることは効果がありません。まず人工呼吸によって肺に空気を送り込むべきです。

Aぬれた衣服は体温を奪い、人工呼吸の妨げにもなりますので、乾いた衣服か毛布に着替えさせます。

B病院に運びながらも人工呼吸と心マッサージを続けます。

C意識がなくても呼吸や脈がしっかりしているときは、安静に寝かせ全身のマッサージをして体を温めます。呼吸や脈が止まることもあるので十分注意してください。水を吐いたとき、気管に入らないように顔は横に向けましょう。

呼吸や脈がしっかりしていても病院に連れて行き、医師の診察を受けてください。

------------

ほとんどの美容成分は
皮脂にブロックされ
肌に浸透していなかったことをご存知でしたか?
浸透さえすれば
シワもシミもかなり改善します。
この話の続きは…
>> シワを治したい方はこちら
>> シミを治したい方はこちら