日射病・熱射病の応急手当て

reaf 日射病・熱射病/応急手当の方法

■日射病
暑いところで直射日光に長時間さらされ、運動し続けると起こります。脳の体温を調節する中枢がうまく働かず、発汗と諸臓器への血流増加のため、心臓からの血液の送り出しが追いつかなくなった状態です。体はだるく、頭痛、吐き気、めまい、低血圧、頻脈(脈が速くなること)等が起こり、失神する場合もあります。

■熱射病
炎天下でなくても非常に暑いところで働いたり、スポーツをしたりしているときに発症します。不十分な発汗、熱の蓄積、酸素欠乏などにより、40℃以上の体温上昇、頻脈、瞳孔散大、意識状態の悪化、全身ケイレン等の症状が起こります。

処置法

意識がはっきりし、あまり体温が上がっていないときは日射病、意識がしっかりせず、体温が非常に高いときは熱射病と考えられます。 熱射病の場合は死亡率が非常に高く、高度の医療が必要です。

■日射病
@早急に涼しい場所へ移して横にします。
A衣服をゆるめます。
B水か食塩水を飲ませます。
Cむやみに冷やさず、適度な涼しさにして休ませます。

■熱射病
@直ちに救急車を呼んでください。救命のためには高度の医療を必要とするため、できるだけ救急センターへ運んでもらってください。
A救急車が来るまで、30℃位のぬるま湯をかけながら、扇風機で冷やします。体温はときどきチェックして冷やしすぎないようにします。

------------

ほとんどの美容成分は
皮脂にブロックされ
肌に浸透していなかったことをご存知でしたか?
浸透さえすれば
シワもシミもかなり改善します。
この話の続きは…
>> シワを治したい方はこちら
>> シミを治したい方はこちら