急性アルコール中毒の応急手当て

reaf 急性アルコール中毒/応急手当の方法

吐き気、嘔吐、興奮、体動が激しくなったり、反射亢進などがみられるほか、呼吸抑制、体温低下とともに昏睡状態におちいることもあります。ときには死亡することさえあります。

処置法

軽い症状のものは放置しておいても自然に回復しますが、昏睡状態が続くときには病院で治療を受けなければなりません。

@安静にし、体温が下がることがあるので温かくして寝かせ、保湿に気を配ります。

A呼吸がしやすいように衣服をゆるめ、必要があれば気道を確保します。

B吐くようならば顔を横に向けたり、体を横向きにし顔を下に向け、吐いたもので喉がふさがれないようにします(昏睡体位)。

C重症ならば病院に運びましょう。

アルコール依存者は健康成人に比べ、血中アルコール濃度は急激に上昇し、その濃度が長く維持されるという特徴があります。また、同量のアルコールでも、時間をかけゆっくり飲用する場合に比べ、短時間で飲用した場合も、同様の特徴があらわれます。

イッキ飲み・駆け付け三杯のような飲み方は、もっとも急性アルコール中毒になりやすい飲み方です。ちなみに、急性アルコール中毒によって死亡者が出始める血中アルコール濃度は、3.0mg/mlです。これは、日本酒8合を1〜2時間で飲む量に相当します。お酒は、せいぜい1日に日本酒で二合程度、そして、週2日は、休肝日としたいものです。

------------

ほとんどの美容成分は
皮脂にブロックされ
肌に浸透していなかったことをご存知でしたか?
浸透さえすれば
シワもシミもかなり改善します。
この話の続きは…
>> シワを治したい方はこちら
>> シミを治したい方はこちら