感電した時の応急手当て

reaf 感電した時/応急手当の方法

感電すると体が飛ばされたり、体がマヒして吸い付けられたようになり、心停止などの危険もあります。特に落雷は激しいショックを伴い危険です。 必要な手当てをする一方で救急車を呼び一刻も早く救急病院で診察を受けるようにします。

@まず電源を切ってください。屋外などで電源が容易に切れない場合には、救助者が感電を妨げる身支度(ゴム手袋、ゴム長靴、乾いた木綿の靴下をはく、乾いた下駄をはく、乾いた木製の板に乗るなど)で、電線などを乾いた木の棒など電流の通じないものを使って感電した人から離します。

A電源から離れたら、静かに寝かせられる(落雷の場合はより安全な)場所に運んでください。

B助け出したら、意識の有無を確かめます。

C意識がなかったら直ちに呼吸と脈の有無を確かめます。 呼吸が止まっているときは人工呼吸を、脈も止まっているときは人工呼吸と並行して心マッサージをします。

D意識がなくても呼吸と脈がしっかりしている場合は、気道確保を維持するため昏睡体位をとらせます。

E意識がある場合は、本人がもっとも楽な姿勢で安静にします。

F患者の意識がはっきりしていて元気そうでも、感電は体の奥までやけどをしていることがあるので、早く救急病院での診察を受けさせることが必要です。

------------

ほとんどの美容成分は
皮脂にブロックされ
肌に浸透していなかったことをご存知でしたか?
浸透さえすれば
シワもシミもかなり改善します。
この話の続きは…
>> シワを治したい方はこちら
>> シミを治したい方はこちら