熱傷(やけど)の応急手当て

reaf 熱傷(やけど)/応急手当の方法

熱による組織の破壊は温度だけでなく接触する時間でも変ってきます。皮膚の傷害は70度の場合1秒間で生じますが、45度では6時間かかります。湯タンポやパネルヒーター等は短い時間では熱傷になりませんが、長時間の接触は危険で、乳幼児や老人は注意が必要です。

処置法

@できるだけ早く熱傷の部分を水で冷やします。頭部、背部、胸部、腹部などは水を直接かけます。軽いものは5〜10分、重い場合は30分以上冷やしましょう。熱傷の拡大と炎症を抑える効果があります。

A患部の水ぶくれははがさないで下さい。はがして細菌感染を起こすと熱傷のあとが残ってしまいます。

B細菌感染を起こすと症状が悪化します。早めに形成外科医、皮膚科医、または外科医の手当てを受けましょう。熱傷面積が体表の30%以上に及ぶ場合はショックを起こし、生命が危険になるので一刻も早く救命センター、または各科の医師がそろった大きな病院に運びましょう。

注意

やけどの応急手当として、みそ、しょうゆ、ハンドクリーム、ベビーオイルなどは、細菌感染を起こす可能性があるので絶対使わないこと。

------------

ほとんどの美容成分は
皮脂にブロックされ
肌に浸透していなかったことをご存知でしたか?
浸透さえすれば
シワもシミもかなり改善します。
この話の続きは…
>> シワを治したい方はこちら
>> シミを治したい方はこちら