しもやけ・凍傷の応急手当て

reaf しもやけ/応急手当の方法

5〜10度ほどの低温による長時間の作用が、皮膚の血管をマヒさせると血液循環不全が起こります。すると組織が障害され、皮膚がかゆくなったり、はれたりします。

処置法

@熱いお湯(40〜42度前後)でしもやけの部分を20〜30分ゆっくりと温め、血液の循環を良くします。

A乾いたタオルで良く水分を拭き取ります。

B患部を良くマッサージし、その後に油性クリームを塗ります。

reaf 凍傷/応急手当の方法

凍傷は皮膚が凍結して血液の循環不全が起こり、組織が障害されるて起こります。 始めは皮膚が白くなって痛み、次いで感覚がなくなり水泡ができることもあります。重度の場合、皮膚の部分が死んで白くなったり潰瘍ができたりします。

処置法

@手、足、耳タブ、鼻先といった部分的な凍傷は、まず患部をぬるめのお湯で少しずつ温めます。次に熱めのお湯(42度前後)で20〜30分暖め、血液の循環を良くしてから清潔な布でおおいます。処置した後は、できるだけ早く外科医、皮膚科医、整形外科医などで診察を受けます。

Aガタガタ震えて寒そうにしていた症状から、眠そうにし、うわごとを言ったりするようになったときは、低体温状態に陥った恐れがあります。そのようなときは早急に温めることが必要で、全身を毛布等で包むか、40度位の温浴を行います。意識がない場合は保温に注意しながら、すみやかに救急車を呼んでください。

------------

ほとんどの美容成分は
皮脂にブロックされ
肌に浸透していなかったことをご存知でしたか?
浸透さえすれば
シワもシミもかなり改善します。
この話の続きは…
>> シワを治したい方はこちら
>> シミを治したい方はこちら