乗物酔いの応急手当て

reaf 乗物酔い/応急手当の方法

乗物酔いは視覚と平衡感覚(内耳にある三半規管)との不一致や気分的なものによっても起こりますが、酔いやすい体質、環境もあります。酔いやすい人は、あらかじめ酔い止め薬を飲んだり、袋を用意しておきましょう。
また、体を締めつける服装や、食べ過ぎていたり、睡眠不足やストレスがたまっているときは酔いやすくなります。体調を整えておくことも大切です。

処置法

@気分を他にそらしましょう。本や編物はだめです。大声で歌を歌ったり、人と話しをしたり、遠くを眺めるなどをしましょう。船に乗っているのでしたら水平線を眺めましょう。酔うことを考えないこと、忘れることです。バスなどの場合は窓を開けて新鮮な外気に当たりましょう。

Aベルトやボタンなど、体を締めつけているものを緩めましょう。

Bそれでもだめだったら乗物から降りて休みましょう。

C吐かずにいられなくなったら無理をしないで、ビニール袋などに吐きましょう。誰かが吐くと、それにつられて吐く人もいます。できるだけまわりに迷惑のかからないようにしてください。

D吐いてしまったときは、口をゆすぐなどスッキリさせてから、楽にしてください。

------------

ほとんどの美容成分は
皮脂にブロックされ
肌に浸透していなかったことをご存知でしたか?
浸透さえすれば
シワもシミもかなり改善します。
この話の続きは…
>> シワを治したい方はこちら
>> シミを治したい方はこちら